スキップしてメイン コンテンツに移動

ServersMan SIM 3G 100ファーストインプレッション&IIJmioやBIGLOBE 3Gと速 度比較してみた。

SMSIM

こんにちは、モバ(@yubile)です。今日のネタはDTIの月額490円SIM、「ServersMan SIM 3G 100」(以下SMSIMと書きます)。100kbpsという速度制限は日本通信のイオンSIMと同じ理論値ですが、月額がイオン100kbpsプランの半額、しかもSkypeなどVoIPでの利用を公式サイトで紹介している点が異なります。

ただ、DTIはハイブリッドモバイルプランがずいぶん遅くて不評を買った”前科”がある上に、今どき100kbpsで何ができるのやら。一抹の不安を抱きつつも使ったり測ったりしてみました。 

 

どんなサービス? 

SMSIMの特徴は

  1. 100kbpsで490円/月
  2. オンラインストレージ「ServersMan@Disk」が1GB無料で使える
  3. IPv6対応
  4. 追加料金で増速(現時点では未対応) 

といったところ。このうち3はまだなくてもあまり困らないし(IPv6への移行があまり進んでいないということ自体は困ったものだが)、4はまだ開始していないサービスなので、現時点では安さとオマケが売りと言えるだろう。

ちなみに地味だが重要なポイントとして、端末レンタルをしなければ契約期間の縛りや解除料などがないのは嬉しいところ。

 

まずはブラウザやtwitterなどを使ってみる。

IIJmioのミニマム128プランSIMを入れていたXperia rayにSMSIMを差してみた。
twitterは画像などを読み込まなければさほど違和感なく使えるが、ブラウザは体感速度で理論値よりも速度差がある(もちろんIIJの方が速い)ように感じた。
感覚的な表現で申し訳ないのだが、IIJmioの128kbpsは何となく我慢できるのに比べて、SMSIMの100kbpsだと「まあ490円だしなあ」というある種の諦めに似たイラつきがあるのだ。ただ、IIJmioで我慢できるのもあくまでスマートフォンやタブレットで使う場合だけで、パソコンで使うとかなりストレスの溜まる遅さではある。

ともかく、速度計測をしてみればその差がハッキリするだろうと思い、測ってみた。

 

速度を測ってみた!

今回はAndroidアプリ「SPEEDTEST.NET」をXperia rayにインストールして計測した。サーバは手動で東京に設定し(オートにしておくとアモイやソウルに繋がることがあったため)、それぞれ3回ずつ計測した。結果は下の画像の通り。

IIJvsDTI

 

公称値は128kbpsと100kbpsでせいぜい20%程度の差だが、計測値ではかなり差が出た。公称128kbpsで実際は160kbps出ているIIJmioと、公称100kbpsで90〜100kbpsぐらいのDTIというところ。

もっとも、SMSIMはまだサービスが始まったばかりだし、しばらく様子を見て判断すべきなのかもしれない。

※なお、これらはあくまでぼくの環境での測定結果であり、時間帯や場所によって状況が異なる可能性は大いにあるということをご了承願いたい。

参考までに、同じアプリを使ってBIGLOBE 3Gを計測した結果はこちら。IIJmioやSMSIMよりはもちろん速いが、公称値7.2Mbpsとか14.4Mbpsじゃなかったっけ? と考えた瞬間に「ああ、しょせんベストエフォートか……」とため息が出る。

BIGLOBE 3G

自宅Wi-Fiで計測した結果はこちら。特にネットワーク的な工夫などをしなくても圧倒的だ。各キャリアがWi-Fiスポットを置きたがる理由がよく分かる。

自宅Wi-Fi

 

 

VoIPはちゃんと使えるのかちょっとだけ試した。

以前こちらの記事で書いた050PlusFUSION IP-Phone SMART βを使っているので、それぞれ通話を試してみた(050PlusはXperia rayにインストールした純正アプリを、FUSIONはSH-03CにインストールしたサードパーティのChiffonを使用)。

VoIPのポートを制限していないので確かに繋がるが、時々雑音が入ったり音声が遅れたりするし、音質も多少落ちる。使えなくはないものの、さすがにメインの電話にするには心細い。

 

まとめ・感想

個人的にはおサイフケータイ専用機になっているSH-03Cに入れて、おサイフ絡みの通信(マクドナルドのかざすクーポンとか)で使おうかなと思ったものの、そこまでする必要があるか微妙だなと感じている。

 

たしかに490円/月という価格は魅力的ではある。しかし公称値実測値ともに100kbpsクラスに過ぎないので、メールやtwitter程度ならまだしもPC向けサイトを見るのは辛いし、もちろん動画やFLASHなどは望むべくもない。少なくともルーターやテザリングに使うのはお勧めできない。

使用頻度が低いけどネットに繋げるようにしておきたいスマホやタブレットを維持するためのサブ回線用というあたりが妥当だ。使用頻度によっては倍近い価格でもIIJmioを選ぶべきだし、PCと使うならもっと速い回線が良い。

このブログの人気の投稿

[自分用メモ] Sony Tablet Pのroot化、Link2SD、Swap設定、フォント変更

こんばんは、モバ( Twitter @yubile 、 G+ )です。 プリモバイル版009Zが届いたのでいじり倒しています。SIMフリーになっていること(BB.exciteのSIMで確認、テザリングも設定を呼び出すアプリを使えば利用可能)と、意外なぐらい動作が速く(ただし純正ホームアプリを除く)防水&ワンセグ付きはありがたいところ。ただデフォルトのAPNだとMMSが送受信できなかったのと、root化の方法がなさそうなのが残念(Android 2.3なのでプリインアプリを凍結するために欲しかった)。   さて今日のネタは、折りたたみ式二画面タブレット、Sony Tablet Pをゴニョゴニョした話。いろいろとクセはありますが面白いマシンであることには変わりないので、root化したついでにいじってみた備忘録です。 ※なお、この記事に書かれていることを実行して何か損害があっても、ぼくや紹介したサイトの方々も補償はできません。くれぐれも自己責任でお願いします。   (1) root化 まず肝心のroot化ですが、Androidをいじり倒そうというなら避けては通れないXDAのフォーラムで、オールインワンツールが配布されています。ちなみに、オールインワンと言っても使用にはAndroid SDKをインストールしたWindows PCなどの下準備が必要です。   S.onyTablet.S v6.4 [ALLinONE] – new: R5A ROOT!!! automatic ICS ROOT!, JB ROOT! – xda-developers         最新の4.0.3 release5aにも対応していますので、うっかりアップデートしてしまった人でもツールの指示に従うだけでroot化が完了します。またroot/unrootだけでなく、公式ファームウェアのアップデート通知が出続ける件を解決するパッチなど、便利なツールもひとまとめになっていてありがたいです。     (2) Link2SD Sony Tablet Pは内部ストレージの容量が1.84GB(設定>ストレージより)と、Sに比べて少ないのが難点です。というわけで、アプリをSDカードにインストールしつつ内部ストレージにインストールしたかのように振る舞う Link2SD を使います。Androidも4.0以降になる

最近のパケット事情(または断捨離し損ねた通信契約の話)

こんにちは、モバ( @yubile )です。 かれこれ半年近く更新しなかったわけですが、今日もなんとなく生きています。 IIJmioを解約した のが昨年10月のこと。 その後ZenFone 7を衝動買いした結果、持ち歩くスマートフォンが現在4台です。 内訳はこんな感じになっています。 (1) iPhone XS Max(ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+)=メイン (2) Zenfone 7(mineo:au回線 10GB通話付きプラン)=サブ (3) OPPO A5 2020(楽天モバイル)=モバイルルーター的用途 (4) Rakuten mini(DENT)=Edy、nanaco、WAON等 Google Pixel 3aも使っていたのですが、5台はさすがに多いのでしばらくお休みしてもらうことにしました。Android 12がリリースされたら真っ先にアップデートして試そうかなと思います。 ……本来のイメージはiPhoneとRakuten miniの2台持ちぐらいで済ませるつもりだったんですが、どうしてこうなった。 あと、Zenfone 7が楽天モバイルに完全対応してくれてれば、(2)と(3)は統合できたんですよねえ。アップデートお願いします>ASUSさま。 ちなみにRakuten miniに入れているDENTのeSIMは、いわゆる海外ローミング回線です。有効期間が365日と長い上に1GBが4.99ドルという、「とりあえず入れておくSIM」にピッタリのヤツです。ローミング先がドコモ回線なのでRakuten miniのロットに左右されますが、電子決済で通信が必要な場合に役立ちます……と言いたいのですが、問題もあります。いずれ別記事で。

非自炊的電子書籍生活・BookLive!編「自炊お断り!」な専用端末Lideoを買って みた!

こんばんは、モバ( @yubile )です。 PQIのAir Cardと、 加賀ハイテックのTAXAN MeoBank SD という、目的の被りそうなアイテムを同時に注文しちゃいました。届いたらレビューを書くつもりです。   さて、今日のネタは電子書籍サービス BookLive! の専用端末「Lideo(リディオ)」です。Sony Reader(PRS-650)、楽天Kobo touch、Amazon Kindle Paperwhite 3Gと来て電子ペーパー4台目、電子書籍端末という意味ではSH-07Cもあるので5台目です。iPadとNexus 7とSony Tablet Pだって電子書籍を読むのに使ってます。いやはや。iPad miniを買ってアプリ使い分けた方がよっぽどラクじゃねえの? とか自分に囁きたくなります。 そんなLideoですが、先に結論を言っちゃいますと 「WiMAXで本を買うの意外と快適」「凸版明朝&ゴシックが割と綺麗」「足りないものは解像度とフロントライトとまともな同期機能」「BookLive!&Lideoしか使わないならアリかな」「自炊派の方は選択肢たり得ません」 といったところ。 では行ってみましょう。なお、前述の他サービスや端末との細かい比較についてはInternet Watchの こちらの記事 をどうぞ。 Lideoハードウェアと初期セットアップについて  Lideoは「読書好きだが電子機器やインターネットには疎い」という層に向けて作られた端末だ。 だからボタン類は「本棚」「書店」「メニュー」「戻る」「文字」そして「電源」と、すべてに日本語表記がしてあったり、 “利用を開始するにあたってBookLive!のウェブサービスのアカウントなどは不要で、Lideoの電源投入後に誕生日、性別、パスワードを設定するだけで初期設定が完了する。メールアドレスさえも登録する必要がない” ( “インターネット要らず”の電子書籍端末「BookLive!Reader Lideo」発売 -INTERNET Watch より)のが特長だ。 ぼくの場合はもともとiPadとNexus 7でBookLiveを利用していたので、そのアカウントを入力してアクティベーションした。この場合、BookLiveに登録した他の端末としおりや本棚の同期ができるし(ただし後述するが残念な