スキップしてメイン コンテンツに移動

Microsoft Designerでブログのワンポイント画像を作ってみた。

PS3でDMM.TVを使ってみる。

 栗山千明のCMでお馴染み、PS3で使える動画配信サービスDMM.TV for Blu-ray Discを使ってみようと思い立ち、ディスクを取り寄せて使ってみた。

 DMM.TV for Blu-ray DiscはBD-LIVE(はてなキーワード)を利用したもので、恐らく使おうと思えばPS3以外のBlu-ray機器(BDレコーダーなど)でも使えるのだろう。ただし「インターネットに繋がり、BD-ROM Profile 2.0に対応し、1GB以上のストレージを持つ機器」という条件が付くため、PS3専用のようにアピールした方が分かりやすいということなのだろう。

 ディスクを入れて起動する(以下、キャプチャが録れないので画像は割愛する)と、最初にDMM.comへのログインもしくは新規登録を要求される。一度ログインしてしまえば基本的に自動ログインになるようなので、その辺はストレスが少なくて良い。
 また、いわゆる視聴制限コンテンツに対するペアレンタルコントロールとして、4桁の暗証番号を登録することを求められる。ちなみにこの番号はオプションで自動入力させることもできるので、視聴制限を気にする必要がないなら記憶する設定にしておけば良い。

 基本的な操作はさほど迷うことはない。単に十字キーと決定ボタンのだけで操作するまどろっこしいタイプでもなく、ページ送りやトップメニューに戻るボタンなどがPSコントローラに合わせてあり、PS3専用になっていることがよく分かる。注意点としては、Blu-rayであるため、キャンセルのつもりで×ボタンを押すと「再生を停止しますか?」と聞かれること、キーワード検索の時にソフトキーボードでの入力なのが多少面倒なぐらいか。DVD-PGなどのDVD-ROMを用いたコンテンツに比べればレスポンスも速く、ごく普通に使える。

 動画の探し方はカテゴリ(洋画/邦画/アニメ/スポーツなど)、ランキング、シリーズ、メーカー、キーワードなど一通りは揃っている。また、個別の作品情報から主演俳優などがハイパーリンクとして設定されており、そこから関連作品を検索することもできるなど、画面デザインは全く異なるもののDMMのPC向けとさほど違和感なく使える。
 肝心の画質についても、PS3の動画再生機能のおかげなのか、SDでも不満の少ない画質だ。とはいえ大画面TVではなくPC用の23インチフルHD液晶での感想なので、大型液晶TVで見るとまた違うのかもしれないが。

 さて、ラインナップを見てみると思ったよりもずっと豊富で、見たところアニメがなかなか充実しているようだ。同じPS3向けのPS Storeビデオと被るところはあるかもしれないが、両方をうまく使うと幸せになれそうだ。
 ただ、DLした後いつでも見られる買い切りタイプの動画があまり多くない。アニメで言えば一話300円程度で視聴期限の数日を過ぎると見られなくなるというのが主流のようだ。このスタイルはPS Storeも似たようなものだが、正直これならレンタルの方が安い(DMMの月額オンラインレンタルなら1枚あたり250円程度)。

 自宅にいながらにして大量の作品をチェックし、好きなものを好きなだけ見られるという夢のような環境のはずなのに今ひとつときめかないのは、間違いなくこの料金体系のせいだろう。
 価格設定だけで言えばアダルト動画の方がよっぽど魅力的だ。SD/HDの画質別に加え、DL買い切り/DL期限あり/ストリーミングなど多彩な選択肢を用意した動画が数多い(すべてではない)。権利関係なども含めて一般作品よりフットワークが軽いのかもしれないが、それにしても選択肢が多いというのは素晴らしいことだと思う。これはぜひ一般向け動画でもスタンダードになって欲しいやり方だ。

 そもそも、物理的なディスクを売るのは良くて、DL後いつでも見られる動画を売るのはダメというのがよく分からない。
 PS3のHDD内にある動画をPCに吸い出したり、Windows Media VideoのDRMを解除したり(前者はともかく後者は可能ではある。かなり面倒だが)することに比べれば、DVDやBlu-rayのようなディスクメディアをリッピングする方がはるかに簡単だ。後者のハウツー本はそれこそ星の数ほど出回っている(正直、これらの出版社を訴えた方がいいんじゃないかと思うぐらいだ)から、カジュアルコピーの被害はこちらの方が多いのではないだろうか。

 どんな手段を講じようが、プロテクトを破ることに命を懸ける連中は必ず破る。そして何をどうしようが、買わない人は絶対に買わない。だがその方法が一定レベルより面倒なら、大多数の人は手を出さないだろう。そしてそこに正規の方法で安価に手に入る手段があれば、わざわざ手間のかかることはしない。普通の社会人にとって「時は金なり」だからだ。例外はお金がなく好奇心と時間の余っている学生で、これはまたややこしい問題ではあるのだが……。

 だいぶ話が逸れてしまったが、DMM.TVはPS3向けにきちんとUIが作られているし、レスポンスも悪くないし、画質も悪くなく、思ったよりも普通に使える印象だった。問題は動画の権利者がちょっとケチ過ぎるんじゃないの? と言いたくなる価格設定&視聴期限にある。そのあたりが気にならないのなら、一度試してみるのも悪くないと思う次第だ。

このブログの人気の投稿

最近のパケット事情(または断捨離し損ねた通信契約の話)

こんにちは、モバ( @yubile )です。 かれこれ半年近く更新しなかったわけですが、今日もなんとなく生きています。 IIJmioを解約した のが昨年10月のこと。 その後ZenFone 7を衝動買いした結果、持ち歩くスマートフォンが現在4台です。 内訳はこんな感じになっています。 (1) iPhone XS Max(ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+)=メイン (2) Zenfone 7(mineo:au回線 10GB通話付きプラン)=サブ (3) OPPO A5 2020(楽天モバイル)=モバイルルーター的用途 (4) Rakuten mini(DENT)=Edy、nanaco、WAON等 Google Pixel 3aも使っていたのですが、5台はさすがに多いのでしばらくお休みしてもらうことにしました。Android 12がリリースされたら真っ先にアップデートして試そうかなと思います。 ……本来のイメージはiPhoneとRakuten miniの2台持ちぐらいで済ませるつもりだったんですが、どうしてこうなった。 あと、Zenfone 7が楽天モバイルに完全対応してくれてれば、(2)と(3)は統合できたんですよねえ。アップデートお願いします>ASUSさま。 ちなみにRakuten miniに入れているDENTのeSIMは、いわゆる海外ローミング回線です。有効期間が365日と長い上に1GBが4.99ドルという、「とりあえず入れておくSIM」にピッタリのヤツです。ローミング先がドコモ回線なのでRakuten miniのロットに左右されますが、電子決済で通信が必要な場合に役立ちます……と言いたいのですが、問題もあります。いずれ別記事で。

ウォークマンNW-S760(32GB、スヌーピー刻印)レビュー・ハードウェア編

この秋に発表されたソニーのウォークマンは、”最高音質”を謳うAシリーズやAndroid搭載Zシリーズの注目度が高い。 ガジェット好きとしてはやっぱZかなあ、Android版iPod touchみたいな感じで使えるのかなあなどと考えていたのだが、気がついたらSシリーズを買っていた。理由はただひとつ。スヌーピーだからだ。 写真は純正クリアケースを装着後。背面の刻印は3種類(+ソニーストア実店舗限定のものが1つ)から選べる。 スピーカー付属モデルやBluetoothイヤホン( 以前の記事 で書いたMDR-NWBT10N)付属モデルもあるが、今回はウォークマン本体だけを購入。本当はスピーカー付属が欲しかったのだが、32GBの設定がない。今までの経験から言って8GBや16GBではすぐに足りなくなると踏んだため、19800円の32GBモデル(型番NW-S766)を注文した。ちなみに写真の通り、色はゴールド。 昔からスヌーピーものには目がない。「スヌーピーだから」という理由で、以前ラナが出していたiPod nanoのスヌーピー刻印モデルを予約購入した(第1世代、第2世代ともに)ぐらいだ。いくつかのオマケ付きとはいえ、たしか本体の倍近い価格だった。しかも容量が少ないモデルがベースだったため、すぐに使わなくなってしまった。 それに比べれば、今回のウォークマンは刻印と壁紙以外のオマケは無いものの値段が通常モデルと変わらないわけで、えらく良心的に感じる。 ひとつ気になるのは、刻印モデルの販売期間が終わったあとに修理に出すと、刻印が保証されないということ。せっかく3年ワイド保証に入ったのに、迂闊に修理に出せないというのは困ったものだ。まあ、壊れたら壊れたでオブジェとしてとっておく気まんまんなのだが。 そんなわけで、機能性能に惚れ込んで買ったわけではない分ちょっと冷静にレビューしてみよう。 見た目は正直なところ、iPod nano第5世代とよく似ている。クリックホイールでもないしボタン数も違うのだが、でもやっぱり雰囲気は近い。裏を返せばiPodユーザーにも違和感が少ないともいえるか。第5世代nanoより少し厚みがあることと、裏面の金属質感のおかげで取り落としにくそうなのは嬉しい。また、本体にストラップホールがあるのもiPod/iPhoneには無い利点だ。 前世代のS750シリーズと比べると

非自炊的電子書籍生活・BookLive!編「自炊お断り!」な専用端末Lideoを買って みた!

こんばんは、モバ( @yubile )です。 PQIのAir Cardと、 加賀ハイテックのTAXAN MeoBank SD という、目的の被りそうなアイテムを同時に注文しちゃいました。届いたらレビューを書くつもりです。   さて、今日のネタは電子書籍サービス BookLive! の専用端末「Lideo(リディオ)」です。Sony Reader(PRS-650)、楽天Kobo touch、Amazon Kindle Paperwhite 3Gと来て電子ペーパー4台目、電子書籍端末という意味ではSH-07Cもあるので5台目です。iPadとNexus 7とSony Tablet Pだって電子書籍を読むのに使ってます。いやはや。iPad miniを買ってアプリ使い分けた方がよっぽどラクじゃねえの? とか自分に囁きたくなります。 そんなLideoですが、先に結論を言っちゃいますと 「WiMAXで本を買うの意外と快適」「凸版明朝&ゴシックが割と綺麗」「足りないものは解像度とフロントライトとまともな同期機能」「BookLive!&Lideoしか使わないならアリかな」「自炊派の方は選択肢たり得ません」 といったところ。 では行ってみましょう。なお、前述の他サービスや端末との細かい比較についてはInternet Watchの こちらの記事 をどうぞ。 Lideoハードウェアと初期セットアップについて  Lideoは「読書好きだが電子機器やインターネットには疎い」という層に向けて作られた端末だ。 だからボタン類は「本棚」「書店」「メニュー」「戻る」「文字」そして「電源」と、すべてに日本語表記がしてあったり、 “利用を開始するにあたってBookLive!のウェブサービスのアカウントなどは不要で、Lideoの電源投入後に誕生日、性別、パスワードを設定するだけで初期設定が完了する。メールアドレスさえも登録する必要がない” ( “インターネット要らず”の電子書籍端末「BookLive!Reader Lideo」発売 -INTERNET Watch より)のが特長だ。 ぼくの場合はもともとiPadとNexus 7でBookLiveを利用していたので、そのアカウントを入力してアクティベーションした。この場合、BookLiveに登録した他の端末としおりや本棚の同期ができるし(ただし後述するが残念な