Moba Photo Life!!

ソニーDR-BTN200ファーストインプレッション。ワイヤレスって未来っぽいと思いませんか?

※2013/05/29 Chromeで発生する現象について追記。

こんばんは、モバ(Twitter@yubileG+)です。

Xperia ZのNFCとソニーのBTレシーバーDRC-BTN40の組み合わせが非常に便利です。ペアリングが楽なだけでなく、かざすとBTN40の電源とXperiaのBTがオンになって接続、もう一度かざすと接続を切った後Xperia ZのBTもオフにしてくれます(BTN40の方は電源オフにならないのがちょっと残念ですが)。

PowerAMPのオプションやXperiaのスマートコネクトと組み合わせると非常に便利です(そのうち備忘録的にまとめてみようと思います)。

↑BTN40は好きなイヤホンを選べるのが利点。本体が大柄なのと、再生ボタンがやや出っ張りすぎなのが難点。

 

そんなわけですっかりNFCとBluetoothのコンビが気に入ったので、ソニーのワイヤレスヘッドホンDR-BTN200も買ってみました。

DR-BTN200 | ヘッドホン | ソニー

 

初期充電を終えてからXperiaにかざすだけで(充電中に試してみたらエラーでした)、すんなり接続。コレですよコレ、コレがやりたかったんです。

ちなみに、このワンタッチ接続を実現するにはGoogle Playで配布している「NFC簡単接続」アプリが必要です(新しめのXperiaはプリインストールされています)。それから、画面ロックを解除していないとNFCは動作しません。カバンの中などで思わぬ誤動作をされても困るのでこれは納得です。

 

さて、軽く使ってみた感想を箇条書きで。

なお、再生環境はXperia Z(root取得済み)+PowerAMP(イコライザすべてオフ)と、第5世代iPod touch(脱獄なし)+純正ミュージックアプリを使用しています(OSはどちらも最新版にアップデート済み)。

 

・高級感と言われると微妙だが、落ち着いたデザインで良いと思う(ブラックを購入)

・意外と耳に密着しない。長く着けていても耳があまり痛くない反面、音漏れ防止や遮音性もあまり望めないかも

・側圧はちょうどいいが、頭頂部にクッションが欲しかった

・重さは適正。バッテリーとBluetoothやNFCを積んでこれなら上々だと思う。ケーブルがなくて頭を引っ張られないのも軽く感じる要因?

・再生・曲送り/戻しのジョグスイッチや通話ボタンは適切な位置と使い心地だと思うが、ハウジングのズレを直す時に押してしまいやすい場所にある音量ボタンがちょっと気になる(慣れれば解決?)

・音質は、想像していたほどドンシャリではなく意外と普通、尖ったところのない音。手軽さ優先なら十分アリだと思う(そもそも音質にこだわるならBluetoothは論外だろうし)

・AAC対応だが、Xperia Zが非対応らしい(対応だと回答したインタビューは訂正されています)ので実力は引き出せていないかも。ただSBCだとしても目立ったノイズもなく頑張ってると感じる

・iPod touchに手動で繋いでみたところ、ときどき音が飛ぶ(こちらの記事を参照。iOS6の問題)。SBCではなくAACが使われていることの証明?

といったところでしょうか。

 

まず何より、ケーブルのないヘッドホンというのはバツグンに快適です。 

そしてBluetooth機器は電波モノゆえか当たり外れが激しいところがあるので、トラブルなくきっちり動作するだけでも個人的には好感が持てます。意外と普通の音なので、プレイヤー側でイコライザをいじって楽しむのも手ではないでしょうか。

上位機種があると面白いかもしれません。ソニーのBluetoothヘッドホンの頂点はMDR-1RBTですが、BTN200とMDR-1RBTの間にもう1モデルぐらいあってもいいのではないかと思います。ドライバを一回り大きくして、音楽再生時のノイズキャンセリング対応とか。

 

 

※2013/05/29追記

Xperia Zにおいて、Chromeが前面にある時だけBluetooth AVRCPでの操作がいっさい効きません。

プレイヤーアプリを純正ウォークマンアプリやNeutron Music Playerに変えてみても同様でしたが、ブラウザをOperaやFirefoxにすると問題ありませんでした。また、DRC-BTN40やプラントロニクスBackBeats GOなど他のBluetooth機器でも同様の事象が起きたので、おそらくChromeの問題なのだろうと考え、いちおうフィードバックを送信しました。

ブラウザを変えれば済む話なのですが、Chromeもタブ同期などが便利で離れがたいのが悩ましいところ。プレイヤーを操作できるスモールアプリを入れておくのが次善の策でしょうか。

Comments are closed.