スキップしてメイン コンテンツに移動

FMV Comfort Keyboard KB800(FMV-KB800T)を買ってみた(1)

海外版PSP goミニレビュー。

 三月兎に注文した海外版PSP goが届いたので、さっそく開封していろいろ遊んでみた。

 箱は開封直後に処分してしまったのだが、付属品はACアダプタ、電源コード、USBケーブル、Media goのインストールCDとDLゲームらしきクーポン。本体の裏書や、説明書類に英語とフランス語が併記されていることからして、このPSPはカナダ版だと思われる。
PSP go 付属品
 ちなみに、ビクターPICSIOと同じく、バッテリーは取り外し不可。ヘタったら修理扱いで交換ということになる(つまり、SCEJが責任をとれないこのPSP goは自分でバラすか諦めるかの2択だ)。
 また、技適マークがないためワイヤレス関係の機能を使うと電波法違反になる。PSPなら海外版でも大丈夫かと思ったが、少なくとも見える所にその手のマークがなかった。もちろん物理的には全然問題ないのだが。

 とりあえず、手持ちのPSP-3000と大きさ比べ。
PSP-3000とPSP goの大きさ比較。

 液晶の大きさが全然違う。イメージとしては、iPhoneより長辺がちょっと長いぐらいだ。解像度に変化はないので、dpiが小さくなって綺麗に見える。
 持ってみた感じは相当に軽くて小さい。UMDを捨てるとここまで小型軽量化できるのかとちょっと感動するぐらい。ただ、操作性という面ではアナログスティックの位置が十字キーの右側だったり、ボリューム調整が(画面を開いていると)手探りになったりするなど、ちょっと疑問を感じる所もある。
 質感はPSPのピアノブラックと同じで、触れば触っただけ指紋が残る。iPhoneもNetWalkerもそうなのだが、そろそろこのツルテカ質感は止めて欲しいところだ。パッと見の高級感はあるが、あっという間に汚くなってしまう。拭けば済むかもしれないが、もうちょっと気楽に扱える表面質感に名って欲しいものだ。

 それと、電源を入れて最初に戸惑ったのが、「×ボタンが決定で○ボタンがキャンセル」という操作になっていること。これはPSP go独自のものなのか、それとも海外版だからXboxの操作性を意識したものなのかは分からないが、やりづらいことこの上ない。日本版PSP goが発売されたら確認してみようと思う。

 さて、PSP goはUMD非搭載なので、ゲームはPlayStation Storeからのダウンロード購入になる。PSP goから直接ストアにアクセスすることもできるが、今回はSONYの管理ソフト“Media go”を使ってみた(そもそも無線LANを使っちゃいけないので選択肢はないのだが……)。母艦はfriioの録画マシンにもなっているMac mini (Early 2009)。

 Media goを起動し、PSP goを繋ぐ。
Media go - PSP go
 
 PSP go内のビデオ。
Media go - Videos in PSP go

 PSP go内のゲーム。
Media go - Games in PSP go

 PCのライブラリ内にあるゲームと、そのセーブデータ一覧。
Media go - Games in PC

Media go - Savers in PC

 Media goからアクセスしたPlaystation Storeのトップ画面。
Media go - Playstation Store

 大づかみに言ってしまえば、PSP用iTunesというのがもっともしっくり来るかもしれない。
 ちなみに、Media goはPSP go専用というわけではなく、従来のPSPやソニエリ製携帯電話(ただし日本で発売されている機種は非対応)に対応している。携帯電話に関しては試せないが、PSP-3000などはPSP goとまったく変わらず扱える。

 Media goでひとつ気になったのは、動画を転送すると再エンコードされてしまうこと。動画ファイルを単にコピーするだけなのにやけに時間がかかると思っていたら(ちなみに本体フラッシュの速度はあまり速くないらしく、普通にファイルコピーしてもそこそこ時間がかかる)、どうやらエンコードをしていたらしい。PSP-3000ではメモリースティックのVIDEOフォルダ内に入れて普通に再生できた動画だったのだが、「必要な時のみエンコードする」というオプションにチェックを入れてもエンコードされてしまう。仕方ないので、動画だけはエクスプローラ経由で直接コピーした。

 ともかく、PCからゲームとビデオを転送したら、後は普通に遊べる。手の位置が従来の機種と違うので多少慣れが必要だが、まあやってやれないことはない。手の小さい人にはかえってこちらの方が収まりが良いかもしれない。

 まとめると、デザインは全然違うが、気分としてはゲームボーイアドバンスSPみたいなハードウェア、さらに大人向けのPSPという感じだ。モノとしての満足感は高い。あの大きくて重たくてうるさかったPSPがこんなにスマートに! というある種の感慨もある。

 気になるのはゲームの品揃え。PS1ゲームを売るアーカイブスはだいぶ充実してきたし、PSP版グランツーリスモなどSCEのファースト、セカンドパーティががんばっているのは見て取れるが、まだまだUMDに比べてラインナップが不足しすぎている。せめてPSPの代名詞的存在であるモンハンぐらいは用意すべきだろう。でなければ、UMDからPSP goにISOイメージを吸い出す(もちろん吸い出した機器でしか使えないなどのプロテクトはかけて)オプションを用意し、既存のゲームが遊べるようになるというのもアリだと思う。

 それと、PS Storeでのビデオの扱いも気になる。著作権保護が掛かっているのは分かるが、ダウンロードレンタルだ。購入後30日以内に視聴しなくてはならず、視聴開始後72時間で見られなくなる(すべての作品は確認していないが、ガンダムなど有名所の作品は少なくともそうなっている)。正直これはダメだと思う。
 200円や300円を払って時限なコンテンツを見させられるぐらいなら、同じ金でツタヤでDVDを借りてきてリッピングしPSP用に変換した方が、手間は掛かるがマシだ。ゲームのようにPS Storeアカウントとひも付けて、登録した本体以外で見られないようにするだけで十分ではないのだろうか。iTunes Storeで売っているビデオはiPodやApple TVでしか再生できないが、少なくともそんな時限設定はされていない。ビデオDLのビジネスを本気でやろうと思っているのか、はなはだ疑問だ。

 
 現状では、自前でコンテンツを用意できる、あるいはPS Storeにお気に入りのゲームがたくさんある人向けのガジェットという印象。本気で売るつもりなら、PS Storeを怒濤の勢いで充実させて行って欲しい。

このブログの人気の投稿

最近のパケット事情(または断捨離し損ねた通信契約の話)

こんにちは、モバ( @yubile )です。 かれこれ半年近く更新しなかったわけですが、今日もなんとなく生きています。 IIJmioを解約した のが昨年10月のこと。 その後ZenFone 7を衝動買いした結果、持ち歩くスマートフォンが現在4台です。 内訳はこんな感じになっています。 (1) iPhone XS Max(ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+)=メイン (2) Zenfone 7(mineo:au回線 10GB通話付きプラン)=サブ (3) OPPO A5 2020(楽天モバイル)=モバイルルーター的用途 (4) Rakuten mini(DENT)=Edy、nanaco、WAON等 Google Pixel 3aも使っていたのですが、5台はさすがに多いのでしばらくお休みしてもらうことにしました。Android 12がリリースされたら真っ先にアップデートして試そうかなと思います。 ……本来のイメージはiPhoneとRakuten miniの2台持ちぐらいで済ませるつもりだったんですが、どうしてこうなった。 あと、Zenfone 7が楽天モバイルに完全対応してくれてれば、(2)と(3)は統合できたんですよねえ。アップデートお願いします>ASUSさま。 ちなみにRakuten miniに入れているDENTのeSIMは、いわゆる海外ローミング回線です。有効期間が365日と長い上に1GBが4.99ドルという、「とりあえず入れておくSIM」にピッタリのヤツです。ローミング先がドコモ回線なのでRakuten miniのロットに左右されますが、電子決済で通信が必要な場合に役立ちます……と言いたいのですが、問題もあります。いずれ別記事で。

ウォークマンNW-S760(32GB、スヌーピー刻印)レビュー・ハードウェア編

この秋に発表されたソニーのウォークマンは、”最高音質”を謳うAシリーズやAndroid搭載Zシリーズの注目度が高い。 ガジェット好きとしてはやっぱZかなあ、Android版iPod touchみたいな感じで使えるのかなあなどと考えていたのだが、気がついたらSシリーズを買っていた。理由はただひとつ。スヌーピーだからだ。 写真は純正クリアケースを装着後。背面の刻印は3種類(+ソニーストア実店舗限定のものが1つ)から選べる。 スピーカー付属モデルやBluetoothイヤホン( 以前の記事 で書いたMDR-NWBT10N)付属モデルもあるが、今回はウォークマン本体だけを購入。本当はスピーカー付属が欲しかったのだが、32GBの設定がない。今までの経験から言って8GBや16GBではすぐに足りなくなると踏んだため、19800円の32GBモデル(型番NW-S766)を注文した。ちなみに写真の通り、色はゴールド。 昔からスヌーピーものには目がない。「スヌーピーだから」という理由で、以前ラナが出していたiPod nanoのスヌーピー刻印モデルを予約購入した(第1世代、第2世代ともに)ぐらいだ。いくつかのオマケ付きとはいえ、たしか本体の倍近い価格だった。しかも容量が少ないモデルがベースだったため、すぐに使わなくなってしまった。 それに比べれば、今回のウォークマンは刻印と壁紙以外のオマケは無いものの値段が通常モデルと変わらないわけで、えらく良心的に感じる。 ひとつ気になるのは、刻印モデルの販売期間が終わったあとに修理に出すと、刻印が保証されないということ。せっかく3年ワイド保証に入ったのに、迂闊に修理に出せないというのは困ったものだ。まあ、壊れたら壊れたでオブジェとしてとっておく気まんまんなのだが。 そんなわけで、機能性能に惚れ込んで買ったわけではない分ちょっと冷静にレビューしてみよう。 見た目は正直なところ、iPod nano第5世代とよく似ている。クリックホイールでもないしボタン数も違うのだが、でもやっぱり雰囲気は近い。裏を返せばiPodユーザーにも違和感が少ないともいえるか。第5世代nanoより少し厚みがあることと、裏面の金属質感のおかげで取り落としにくそうなのは嬉しい。また、本体にストラップホールがあるのもiPod/iPhoneには無い利点だ。 前世代のS750シリーズと比べると

非自炊的電子書籍生活・BookLive!編「自炊お断り!」な専用端末Lideoを買って みた!

こんばんは、モバ( @yubile )です。 PQIのAir Cardと、 加賀ハイテックのTAXAN MeoBank SD という、目的の被りそうなアイテムを同時に注文しちゃいました。届いたらレビューを書くつもりです。   さて、今日のネタは電子書籍サービス BookLive! の専用端末「Lideo(リディオ)」です。Sony Reader(PRS-650)、楽天Kobo touch、Amazon Kindle Paperwhite 3Gと来て電子ペーパー4台目、電子書籍端末という意味ではSH-07Cもあるので5台目です。iPadとNexus 7とSony Tablet Pだって電子書籍を読むのに使ってます。いやはや。iPad miniを買ってアプリ使い分けた方がよっぽどラクじゃねえの? とか自分に囁きたくなります。 そんなLideoですが、先に結論を言っちゃいますと 「WiMAXで本を買うの意外と快適」「凸版明朝&ゴシックが割と綺麗」「足りないものは解像度とフロントライトとまともな同期機能」「BookLive!&Lideoしか使わないならアリかな」「自炊派の方は選択肢たり得ません」 といったところ。 では行ってみましょう。なお、前述の他サービスや端末との細かい比較についてはInternet Watchの こちらの記事 をどうぞ。 Lideoハードウェアと初期セットアップについて  Lideoは「読書好きだが電子機器やインターネットには疎い」という層に向けて作られた端末だ。 だからボタン類は「本棚」「書店」「メニュー」「戻る」「文字」そして「電源」と、すべてに日本語表記がしてあったり、 “利用を開始するにあたってBookLive!のウェブサービスのアカウントなどは不要で、Lideoの電源投入後に誕生日、性別、パスワードを設定するだけで初期設定が完了する。メールアドレスさえも登録する必要がない” ( “インターネット要らず”の電子書籍端末「BookLive!Reader Lideo」発売 -INTERNET Watch より)のが特長だ。 ぼくの場合はもともとiPadとNexus 7でBookLiveを利用していたので、そのアカウントを入力してアクティベーションした。この場合、BookLiveに登録した他の端末としおりや本棚の同期ができるし(ただし後述するが残念な