Moba Photo Life!!

Xperia Z Ultra SOL24レビュー第2回・改善して欲しいところ #Xperiaアンバサダー

おはようございます、モバです。

艦これ春イベントにかまけていたせいで、前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、予告通りZ Ultraの改善して欲しい不満点をまとめてみました。
なお、レビューで使用したXperia Z Ultra SOL24は、ソニーモバイルからモニターキャンペーンでお借りしたものです。

 

1.大きすぎて、薄すぎる。

これはもうメリットと表裏一体なわけですが、サイズゆえに扱いにくいと感じるケースがあります。

たとえばおサイフケータイとして使う時。あの平べったい板を片手で保持してかざすのは、微妙に不安定です。薄さの割に面積が広いせいか、端っこをつまんで持つのもフラフラするし……一瞬のことなので気にするなと言われればそれまでなのですが。

また、仕舞う場所に困るという意味でも絶妙な大きさです。

スマホみたいにズボンのポケットに入れると動きが阻害されますし、バッグに設けられたスマホ用ポケットなんかにはまず入りません。かといってタブレット用のスペースにはスカスカでかえって不安定です。もっとも、これは通話機能付きだからこう思うのであって、Wi-Fi機なら小さめのタブレット扱いで財布か何かと一緒にカバンに突っ込んで終わり、かもしれません。

ともかく、これらはもちろん意識して運用すれば大丈夫なのですが、「気を遣わねばならない」ということそのものがストレスになります。慣れでカバー、と言いたいところですが、1ヶ月近く使ってイマイチな感じということは、慣れきる前に買い換えという可能性も大いにあります。ぼくのような新しもの好きの場合は特に。

とはいえ最近はスマホのCPU性能も飽和しつつありますし、このスペックならソニー(と、何よりau)がちゃんとサポートしてくれれば、多少手に馴染むまで時間が掛かっても大丈夫かもしれませんね。

2.ペンが使えるのは便利なんだけど……。

Z Ultraは、別売りの細ペン先タッチペンES22で操作したり絵を描いたりできるようになっています。また、ペンでステータスバーを引き下ろした時のみ、メモとスケッチを起動できるような仕掛けもあります。

これ自体は画面の大きさも相まってなかなか便利だと思うのですが、逆にiPadなどで使っているSu-Penのようなペンと相性が悪くなっています。具体的には、線の書き出しが認識されなくて途切れてしまうこと。ちょっとしたメモには便利なだけに、走り書きの最初が途切れてしまうのはかなりストレスです。

また、このペンのために感度が上がっているのか、ちょっと水飛沫が付着しただけでタッチ操作と誤認識します。ちょっとシャワーを浴びながら動画を観るようなシチュエーションで誤操作から動画が止まったりするのはいただけません。Xperia Zよりも頻繁にそういうことが起きるのが残念です。

3.カメラはちょっとショボいかなーって。

普段の写真はPENTAX Q7なのでまあ要らないと言えば要らないのですが、Z Ultraのカメラはもう少し暗所のノイズが減って欲しい。

Z1は持っていないので比較できませんが、Zの方がまだだいぶマシに見えます。LEDフラッシュがついていない分、ZやZ1よりセンサー自体が暗所に強くあって欲しいところです。次期モデルではフラッシュ装備&センサー強化をぜひお願いします。

あと、ネットでもちらほら見かけますが「プレミアムおまかせオート」だと食べ物写真がビミョーになるのもいただけないかな。ああいう写真は画質より速報性だとはいえ、やっぱり最低限は美味しそうに写って欲しいですし。その辺の画像処理がもっとブラッシュアップされれば良いなと。むしろ本物より美味しそうに見えるぐらいの勢いで!

まとめとオマケ

だいぶ細かい話ばかりになってしまいましたが、毎日肌身離さず持ち歩いて使うために、ぜひ改善して欲しいことばかりです。

また、不満点には挙げませんでしたが「OSアップデートがちゃんと行われるのか」は非常に気になるところ。auとの兼ね合いで早くできないのでしょうが、グローバルモデルはAndroid 4.4 KitKatまで到達していることを考えると、できる限り追いついて欲しいところです。せめてauを気にする必要のないWi-Fi機だけでも。

Comments are closed.