Moba Photo Life!!

Evernoteのポストイット・ノート連携を試してわかったこと

こんにちは、モバ(Twitter(@yubile)G+です。

ソニーの新型電子書籍リーダーPRS-T3Sをライト付きカバー込みで予約しました。新型ウォークマンM505を予約するかどうかが目下の悩みです。SやEみたいにApple Lossless対応して欲しかった……。

 

Evernoteが、3Mの付箋紙「ポストイット」と連携する機能を搭載しました。

Evernote がポスト・イット® ノートをデジタル化 | Evernote日本語版ブログ

これに合わせてEvernote仕様のポストイットホルダーも出たりするようです。

 

専用ノートや専用ペンなどを必要とせず、ポストイットがそのまま使えるのは非常におもしろそうです。

やり方は簡単、Evernoteアプリのカメラを起動し、シャッターボタンの左上にある「ポストイット・ノート」をタップしてモードを切り替え、撮影するだけ。

ポストイットとして認識が成功していれば、Post-itロゴの画像が作成したノートの最後に追加されます(下参照)。Evernoteが対応している色のポストイットなら、リマインダー設定やタグ自動追加、ノートブック自動振り分けなども可能です。

52b471f3f6c005380f81437dde7aa665

2013 09 27 11 56 402013 09 27 11 56 43

ちなみに撮影してカメラロールに保存された画像を下に載せましたが、よく見ると下端に少し影が入って浮いたような感じになっています。ポストイットらしく見せようということなのでしょうか。

なお、今回使用したのはiPhone 5 + iOS 7.0.2 + Evernote 7.0.2です。

(1) 取り込みできるのは正方形のポストイット・ノートのみ

見出し型などの長方形タイプでは認識されません。ポストイットモードのカメラ枠が正方形であることから考えても、この形状でなくてはならないようです。というわけで、正方形タイプを買って試しました。カメラロールに登録された画像は1260×1260ピクセルのPNGです。

75x75mm強粘着ウルトライエロー50x50mm強粘着グリーン

なお、サイズは75x75mm、50x50mmのどちらも大丈夫でした。ただもしかすると、マクロが弱いiPod touchのカメラで小さいサイズを使おうとすると、ピントが合わなかったりするかもしれません。

 

(2) Evernoteが対応していない色はモノクロデータとして取り込まれる

再生紙エコノパックという、色が薄めのものも買ってみました。

Evernoteが非対応の色の場合、画像はモノクロ化されるようです。つまり、正方形に切った普通の紙を使えばポストイットとして認識される可能性は高そうです(試していませんが)。

75x75mm再生紙エコノパック

(3) 書いたメモは文字認識の対象になる

Kyberほどの正確さはありませんが、メモ内の文字もちゃんと認識され、テキストで検索できます。

 

 

まとめ

最初にも書きましたが、特別なノートやペンが必要なく、おなじみのポストイットだけで簡単に扱えるのが何よりの利点です。また、色ごとに設定できるオプションもとても便利だと思います。ふだん正方形のポストイットを使っているなら、Evernoteとの連携はぜひ試してみるべきです。

自動分類に使える色はあまり多いと逆に使いづらくなりそうですが、せめて基本の混色パックに入っているオレンジ色ぐらいは対応して欲しいところです。

Comments are closed.