Moba Photo Life!!

WiFi対応したSoftBankメールアプリをXperia rayで使おうとした件。

こんばんは、モバ(@yubile)です。

Sony Tablet Pのroot化を昨日今日とがんばってみたのですが、どうしてもうまく行きません。ファクトリーリセット→Googleアカウント入力→root化作業までを数え切れないほど繰り返した結果、1Passwordがランダム生成した複雑で長いパスワードを暗唱できるようになってしまいました。まあ、懲りずにまたそのうちテレビが退屈になった時にでもチャレンジしようと思います。

 

さて、今日のネタはSoftBank純正のメールアプリ「SoftBankメール(Google Playが開きます)」について。

普段、プリモバイルSIMは002Pに入れて使っているのですが(バッテリーが保つ、二つ折りの方が通話時に手への収まりが良い、などの理由です)、たまにSIMアンロックなXperia rayの小ささが恋しくなって、時々そちらにSIMを入れる時があります。

そうなると当然、S!メールもXperiaで使いたくなるのですが、特にトリッキーなことをせずとも、プリモバイルSIM入りのXperia rayにはごく普通にSoftBankメールアプリをインストールすることができます。002PのSDカードにメールデータをエクスポートし、Xperia rayにコピーすればメールデータもあっさり移行できます(サブフォルダや自動振り分け設定は移行できないのでやり直しですが)。

で、久しぶりにXperia rayを使おうと電源を入れたら、SoftBankメールがアップデートしてWi-FiでのS!メールに対応したとのこと。アプリを起動してみるとさっそくWi-Fi設定をするかどうか訊かれたので、試しにOKしてみたら……見事に失敗

まあ、プリモバイルの場合、Wi-Fiのメリットといえば300KB制限ギリギリの画像を送るのが速くなるぐらいですから、あまり期待はしていませんでした。そもそもプリモバイルはパケット料うんぬんと関係なくメールし放題なのと、画像などを送る時はiPhoneを使うからです。

 

問題は、Wi-Fi環境下でSoftBankメールを立ち上げると、毎回Wi-Fi送受信設定をするか訊かれるということです。訊かれるんだからということで3回試してみましたが、もちろん無理でした。

そして、前述の通りWi-Fiができないのはまったく構わないのですが、今のところWi-Fi送受信設定そのものをオフにするオプションがないらしいのが困りました。

Xperia rayはメモリに余裕がないので、他のアプリを立ち上げるとまず間違いなくSoftBankメールは終了します。つまりメールを見ようと思った途端に毎回同じパターンを踏むことになるわけです。

さすがに鬱陶しいので、Titanium Backupで一つ前のバージョン(ちなみにSoftBankメールの最新バージョンは機種によって異なります。Xperia rayに入ったのはver.2.6でした)に戻し、Google Playで「自動更新」をオフにしました。

 

そんなわけで、今のところプリモバイルSIMを入れたXperia rayでWi-Fi経由のS!メール送受信は不可能、というのが結論です。

Comments are closed.