Chromebookと”ピヤホン”

こんにちは、モバ(@yubile)です。


最近、一部で「ピヤホン」と呼ばれる Hi-Unit HSE-A1000PN を買いました。
実売1,700円程度とは思えない音で評判とのことで興味が湧き、久しぶりの有線イヤホンです。


Chromebook(Acer C851T-H14N)で 紅蓮華のTHE FIRST TAKE を聴いたりしてみましたが、なるほど確かにコスパ良好だと感じました。

おそらくさほどコストを掛けられていないC851T-H14Nのヘッドホン出力でも、普通に音楽を楽しめます。
一般的にイヤホン・ヘッドホンの高級機は再生機器側にも一定以上のクオリティが求められるわけで、"良い音"を追求すると良いプレーヤーやポータブルアンプが必要となり、そのあたりのコストもガンガン上昇していきます。
"「ちょうどいい」を目指して"が最近のモットーになっているぼくとしては、こうしたほどほどの良さを安く提供してくれる商品はとても好ましいです。
また、この価格できちんと専用ケースが付属しているところも凄い。布袋ぐらいならなくもないですが、きっちりとハードケースが付属しているのは珍しいと思います。


ちなみに、お断りしておきますが、過度な期待は禁物です。あくまで1,700円とは思えない音ながら、安くてケース付きで気軽に使えるところが高コスパと言われる所以だと考えます。
iPodの付属イヤホンが壊れた時、ぼくのようにヘッドホン出力が期待できないデバイスで使う時には、とてもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました