Moba Photo Life!!

Android標準SIPとFusion IP-Phone SMARTとIIJmio(と留守番電話)・その2

こんばんは、モバ(@yubile)です。

新日本プロレスではPACというリングネームで出ていたネヴィルが、WWEでもNXTを卒業してRAWやSMACKDOWNに登場するようになりました。
ベストオブスーパージュニアか何かで初めて見た時、「きっと2〜3年したらWWE行ってるだろうなあ」と根拠もなく考えてたんですが、予想が当たってびっくりです。 

 

転送して留守番電話

さて、前回の続き。

Fusion IP-Phone SMARTをSH-01FDQに設定したので、もうひとつやってみたいことがありました。留守番電話です。

IIJmioの音声通話サービス、通称「みおふぉん」は、留守番電話サービスが月額300円の有料オプションになっています。

一方、Fusionの方は留守番電話が無料なだけでなく、音声ファイルとして指定のアドレスにメールしてくれるというサービスがあります。iPhoneのビジュアルボイスメールと同等……というと言い過ぎですが、かなり便利に使えるはずです。

 

設定の仕方

留守番電話の設定は、Fusion IP-Phone SMARTからマイページにログイン、各種設定>留守番電話>着信転送/留守番電話設定でできます。
ぼくは呼出時間を10秒、「着信メール通知+録音データファイルの添付」かつ「メール送信後に録音データ削除」と設定しています。

Fusion留守番電話設定

 

IIJmioの転送電話設定は、下のページに設定方法が記載されています。

IIJmio:音声オプション

1429に掛けてFusionの電話番号を転送先に設定し、1421に掛ければ転送されるようになります。

転送されるまでの時間設定が悩ましいところですが、そのあたりは試行錯誤して決めるしかなさそうです。

 

これで、みおふぉんの番号に掛かってきた電話の留守電をFusionで受け、メールで受信できるようになりました。

 

注意点

転送電話の仕組みとして当たり前ですが、掛かってきた電話を転送した場合、みおふぉん→Fusionの通話料が掛かります。

みおふぉんの通話料は20円/30秒であるため、単純計算で1分の留守電が8件以上ある場合、みおふぉんの留守電オプションを付ける方がお得です。
とはいえメールで留守電を受け取れるメリットは小さくない(保存しやすい、留守電センターに掛ける手間が省ける)ので、少々悩ましいところかもしれません。

 

 

まとめ

Fusionを留守電として使うなら、キャリアのかけ放題プランの方が本当は便利かもしれません。が、まあこういう試みはやってみることそのものが楽しいので良しとしましょう。

Comments are closed.