Moba Photo Life!!

iOS 6.1アップデートでようやく改善! Sony DRC-BTN40などのBluetooth AAC音飛び問題(※追記あり)

こんばんは、モバ(@yubile)です。センター試験で少し間が空いてしまいました。

さて今日のネタは、先日配布が開始されたiOSの最新アップデートです。Appleが掲示しているのは広告識別子リセット、LTEサポートキャリアの追加、もろもろの脆弱性修正などですが(余談ですが、未だにiPhone 3GSがサポートされているのは凄いですよね。初代iPadはとっとと切られたのに……)、個人的に興味を持っていたのはBluetooth関係でした。

というのは、NFCチップ内蔵&AAC対応に釣られてNexus 7と同時期に購入した、ソニー製BluetoothレシーバーDRC-BTN40とiOS6の相性が非常に悪かったためです。音飛びはもちろん、曲の頭部分が欠けたり、テープ時代の早送りみたいなキュルキュル音がしたりとバツグンにストレスフル。さらに、仮面ライダーフォーゼのED曲「Giant Step」(Astronauts)をこの環境で再生すると、音飛びがエイトビートを刻むぐらいの盛大な飛びっぷりでとても聴くに堪えず、May’nファンとしては悲しいことに、毎回この曲をスキップするしかないという状況に置かれていました。

当初はこの製品だけの問題かと思ったのですが、念のため買ってみたロジテックのapt-X/AAC対応スピーカーLBT-MPSPP50でも似たような状況(とはいえBTN40の方が酷かった)が発生。しかしソニーMW1やソニーエリクソンMW600など、コーデックがSBCのものは普通に使えたこと、iOS5では問題ないらしいという2chやブログなどの情報を見て、どうもiOS 6とAACの組み合わせがダメらしいという推測にたどり着きました。Giant Stepの音飛びも、たぶんAACエンコードをミスったか何かなのでしょう。黎明期のMP3みたいな話です。

でもまあ、それならば、たぶんiOSのアップデートで何とかなる。なるだろう。なるんじゃないかな。なるといいな。そんな希望的観測のもとに我慢してきました。

 

で、待望のiOS 6.1アップデートをした結果はというと、記事タイトル通り劇的に改善。くだんのGiant Stepもまともに聴けるようになりました。まあ、ようやく評価のスタートラインに立ったというか、マイナスがゼロになっただけなので手放しで喜べるモノではありませんが、ストレスを溜めずに使えるようになっただけありがたいです。

なお、DRC-BTN40そのものは至極まともなBTレシーバーで、初めてBluetoothオーディオを使うなら安物を買うよりがんばってこのぐらいのものを買うべきです。敢えて気になる点を挙げるなら、少し大きいことでしょうか。もっとも、大きいことでボタン類が押しやすくなっている面もあるので一概に欠点とは言えないのですが……。

何にせよ、iOS 6.1はBluetoothオーディオ愛用者には救いとなるアップデートのようです。

 

2013/02/04追記
しばらく試してみましたが、あくまで改善であって解決ではなさそうです。 頻度は下がりましたが、曲の頭が欠ける現象そのものはまだたまに起きます。ちなみにぼくの環境では、DRC-BTN40との組み合わせではiPod touch(第5世代)よりiPhone 5の方が頭欠けが多いように感じます。きっちり集計したわけではないのであくまで印象なのですが。

それでもBluetoothオーディオがはっきり改善するのは事実ですし、脆弱性修正などもあるので6.1へのアップデートはしておくべきだと思います。

 

 

 

Kindle本「細かすぎて誰も教えてくれないセンター試験のコツ」発売中。

<

p style=”font-size: 16px;”>※参考書ではありません。また、内容は今後の版アップデートで充実させていく予定です。現在、改訂作業をちまちまと始めています。

Comments are closed.