Moba Photo Life!!

台風で落ち着かないからPENTAX Qについて感じたことを書いてみる。

これを書き始めた2011年9月21日午後5時過ぎ、窓の外はまさに台風らしい(?)雨風が凄まじい音を立てて暴れています。2011年は自然災害の年といってもいいかもしれないなとしみじみ。

 

 

今回は、ファーストインプレッションで書き切れなかった(もしくは気付かなかった)PENTAX Qの細かいことをいくつか。

 

1.INFOボタンが便利

K-7などでの経験から、INFOボタンは画像再生中などにデータを確認するためのものというぐらいの感覚しかなかった。

Qでは撮影モード中にINFOボタンを押すと現在の設定がアイコンで一覧表示され、十字キーで選択してコマンドダイヤルで変更できるようになっている。シーンモードのシーンやカスタムイメージの切り替え、HDRや手ブレ補正のオンオフなど撮影中に変更したくなりそうなパラメータは網羅されているのが非常に便利だ。

 

 

2.クイックダイヤルとAUTOモードの兼ね合い

AUTOモードはカメラ自身が撮影シーンを判断する、いわゆるフルオートモードだ。とにかくサッと撮りたい時に重宝する。

また、Qのボディ前面にはクイックダイヤルというダイヤルが付いていて、メニューで設定しておいた項目を素早く切り替えられるようになっている。デフォルトはスマートエフェクトだが、カスタムイメージ、デジタルフィルター、アスペクト比も設定できる。

クイックダイヤルがスマートエフェクトもしくはカスタムイメージに設定されている時は、モードダイヤルをAUTOにしていてもそれらが優先され、プログラムオートになる。デジタルフィルターやアスペクト比に設定している時はAUTOモードから切り替わらない。

これに気付くまでは「AUTOにしたのにPになってる!」と慌ててしまった。カメラ前面のダイヤルは意識しないと気付きにくいからだ。液晶にスマートエフェクトやカスタムイメージのアイコンが表示されることが分かってからは確認するクセがついたが、急ぎの時でも慌てないように「カメラを持った状態で右側に止まるまで回すとダイヤルOFF」と覚えておくのが良さそうだ。

 

 

3.サイズのばらつきが大きいけど、やっぱりRAWよりJPEG

個人的に、デジタル一眼レフは基本的にRAWで撮る派だ。画像処理ソフトがアップデートしたらきれいに現像できるかもしれないとか、JPEGは非可逆だから手を加えて保存すると画質が落ちるとか貧乏性な理由からだ。

だが、PENTAX Qの場合はJPEGが良いと感じている。その理由は前回も書いた通り(ファイルサイズ、画質、撮影モード)なのだが、ファイルサイズに関しては被写体次第でかなり変わる。今まで撮った画像を見ると1.2MB〜9.1MBまでばらついていた。それでもぼくが撮るようなものなら大きくても10MB以下、平均して4MB程度に収まっているので、やはりRAWとの差は大きい。

画質に関しても、たとえば室内で撮った食べ物などはカメラが生成するJPEGの方が美味しそうに見えた。ノイズをうまく消して食べ物らしい色になっている印象で、なかなか好ましい。RAW現像の時にきっちりやれば同じようなものは作れるだろうが、苦労するよりこのままカメラ任せで十分だと感じた。SDXCの64GBあたりが手頃な値段になったら保険の意味でRAW+にするかもしれない。

 

 

 

K-7だと「絞りやシャッター速度は気にするけど、どうせ仕上げはPCだからカスタムイメージは後でもいいデジタルフィルターも要らん」というスタンスだったのだが、Qではむしろ「絞りとかたまにいじるけどあんまり気にしない、それよりAuto110モードとトイカメラモードとどっちがいいかなあ」となる。接し方が全く違ってくるのがとても面白い。

 

実はまだ動画撮影はしていない。動画でもスマートエフェクトは使えるらしいので、ユニークレンズと合わせてどんな感じになるのか非常に楽しみだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =