Moba Photo Life!!

ナインウェーブ「NW-STUDIO PRO」を買ってみた。

AV Watchのレビューで紹介されていたナインウェーブのイヤホン、NW-STUDIO PRO(以下NW)を買ってみた。
販売元のプレスリリースはこちら

最近は高価格帯から低価格帯まで「イヤホンといえばカナル」という感じで、カナルは苦手ではないがヘッドホン・イヤホン好きとしていささか食傷気味。特に1万円以上の機種は大半がカナルなので、こういう普通のインナーイヤータイプは貴重。
少し前に買ったファイナルオーディオのPiano Forte I/IIも、見た目はインナーイヤーだが構造的にはちょっと違っていて、(それが悪いわけではないが)やっぱり普通ではないシロモノだ。価格も3000円帯だし。
要するに、「肉ばっかり食ってると飽きるからたまには魚食おうぜ!」という心意気で買ってみたわけである。

外観

財布のような構造のケース

イヤホン本体。購入時イヤーパッドは装着済みだったので、撮影のために外した

15800円(イーフロストア直販価格)だけあって、オマケともども作りはお洒落だと思う。見た目より軽く感じるがヤワというわけでもなく、いかにもアルミっぽい。手持ちで金属筐体のイヤホンというとAtomic Floyd TwistJaxを思い出すが、あちらは非常に重たく、クリップなどで服に提げておこうとすると、重みでブラブラした揚げ句カチカチぶつかるという扱いにくさがある(質感としては非常に好きなのだが)。NWは特に重たいわけではないので、このあたりは気にする必要はなさそうだ。
また些細なことだが、98cm+98cm(AV Watchの記事より)という本体と延長コードのバランスも個人的にはありがたい。第6世代iPod nanoを服に付ける時、SONY製品のように本体が60cm程度だと胸の辺りまでしか選べないが、1m弱あるとシャツやトレーナーの裾ぐらいまで大丈夫だからだ。
ケースはもうちょっとコンパクトだと嬉しいが、変わった形状(財布のような造りだ)で面白いし、ひとまとめにしておけるだけで便利には違いない。

装着感
耳に着けた時の感覚はまさに「最近忘れかけていた何か」という感じで、少し大きめのイヤーパッドと相まってフィット感は上々。ぼくは耳の穴の入口が少し大きめなので(ゼンハイザーMX500などの少し大きめなイヤホンがピッタリ)、国内メーカーのイヤホンはもしかしたらダメかもしれないと思っていたが、全然そんなこともなく快適だ。


特徴的な構造云々はとりあえず忘れて、音について書くと

・中音域が強め。曲によってはちょっとうるさい
・高域や低域が足りないというわけではない。低域は意外に感じるぐらい出ている
・サ行はまったくと言っていいほど耳に刺さらず、聴きやすい
・カナルより音が広く、楽器の位置も分かりやすい
・遮音性はさほど高くないが、閉塞感がないとも言える
・音漏れはこのタイプのイヤホンならこんなもの。遮音性の関係でボリュームを上げがちと思われるので、電車やバスにはお勧めしない

といったところ。手持ちのイヤホンで定価が近いクリエイティブのAurvana Airと比べると、NWの方が低音寄りのバランスで迫力があり、サ行やチ、ツが刺さらないのでかなり聴きやすい。解像感はAurvana Airの方が上という感じだが、NWも十分に細かい音が聴こえる。

まとめ
聴きやすく迫力と開放感がある音で、取り回しも良く、カナルが苦手かつメガネな(耳掛け式が使いづらい)人にはお勧め。カナルが大丈夫な人には他にも選択肢があるのでお勧めとは言い切れないが、新鮮な気分になれるのは間違いないと思う。

Posted via email from 物欲スクラップブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 20 =