Moba Photo Life!!

iPadケースレビュー・Bluetoothキーボード内蔵革ケース(メーカー不明)

iPhone 4のカバーは両面に保護フィルム+Airジャケットでほぼ決まりという感じなのだが、iPadは未だに決定打がなかなかない。どんなに薄かろうが覆う面積を考えれば重量はそこそこ増えるわけで、当たり前だけどカバー無しがいちばん薄くて軽い。

 そこをあえて着けるわけだから、やはり何かしらのメリットがなければいけない。保護できるから、手から滑り落ちにくくなるから、見た目がカッコイイから、などなど。

 今回は、「キーボード+スタンドが付く」というメリットを持った一品である。ちなみにサンコーレアモノショップでも販売(http://www.thanko.jp/product/keitai/ipad-bluetooth-keybord.html この記事を書いている段階では品切れ)されているが、ぼくはこの店で買ったわけではない。

外観

開くとこんな感じ。フタはマグネット式

iPadを入れてスタンドを立てるとこんな感じ。ノートPC風……というか奥行きはノートPC以上

キーボード。写真では分かりにくいがシリコン製と思しきキートップ。フタを閉めた時にiPadとぶつかるからだろう。最上段のファンクションキーはiOSデバイス用のキーが揃う。右上端はホームボタン

スイッチ類と充電用のmicroUSBポート

 キーボードの接続は普通のBluetoothものと変わらない。キーボード電源を入れてconnectボタンを押し、iPad側で設定>一般>Bluetoothとたどると”Keyboard”というデバイス名が表示される。それをタップするとパスキーの入力を求められるので、キーボード側でその通り入力すれば良い。

 ケース&スタンド&キーボードという一台三役なので、とりあえずそれぞれについて見ていく。

・ケースとして
 合皮でぐるりとラップしたような、モバイル機器にはよくあるパターンのカバー。キーボードの分だけ重たいのは否定できない。iPadがネットブックに匹敵あるいはそれ以上の重さとサイズになってしまうとも言える。縦持ちについてはほとんど考慮されていないと見ていい。形状が直方体になるので、鞄によってはiPadより入れやすくはなる。

・スタンドとして
 この部分だけ評価するのは微妙かも知れない。というのはあくまでキーボード使用のためのスタンドであって、動画鑑賞などは想定されていないだろうからだ。構造がシンプルなわりにきちんと止まるのは良いが、角度が変えられないのはマイナス。

・キーボードとして
 このケースのキモと言える部分だ。
 まずキーピッチはあまり広くないが、タッチタイプ不可能なレベルではない。一方、キータッチはふにゃふにゃで頼りない。というかキーがシリコン製なので、キータッチ以前の問題。メカニカルとかメンブレンとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえのである。ただふにゃふにゃなのはキーそのものだけで、ケース自体はそれなりに硬いので安定感はある。何とか慣れられる範囲だと思う。
 
 
 
 個々の評価を見るとダメアイテムに見えるが、これらが一体化しているというのが大きなポイントだと思う。ただ、重量だけ考えるとネットブックでもいいんじゃないかという面もある。iPadのアドバンテージはSafariの速さ、起動の速さ、バッテリーの保ちといったところか。残念ながらiOS 3.2の日本語変換があまり賢くないこともあって、iPadで敢えて相当量の文章を打つ人でないとメリットは感じられないだろう。

 11月と予告されているiOS 4.2アップデートでの日本語変換強化、あるいはATOK Pad for iPad(?)などがあれば、また評価も変わりそうだ。

Posted via email from 物欲スクラップブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + eighteen =