Moba Photo Life!!

2010年10月現在のiPhone向けメールサービスまとめ。

iPhone向けのメールサービスについてはこれまでも何度かまとめてきたが、GmailやHotmailがExchange対応になって多少状況が変わったため、もう一度ここでおさらいしてみる。
 GmailのExchange設定方法はこちら、Hotmailの設定方法はこちら。iOS4になってExchangeアカウントを複数設定しておけるようになったため、GmailとHotmailを同時に試してみるのも手かもしれない。
 ちなみに、HotmailにExchange ActiveSync経由でアクセスした場合メールが文字化けするトラブルが起こっていたが、どうやらサーバ側で処置があった模様。この記事を書いている今はごく普通に使えている。

iPhone向けメールサービス比較

※1 googlemail.comなどがある他、Google Appで独自ドメインでの運用も可能
※2 2010/10/3時点。追加容量の購入も可能
※3 使用量に応じて容量が増大する
※4 添付ファイルがSkyDriveにアップロードされ、相手にはアップロード先のアドレスが送られる
※5 受信許可リストなどの一般的な携帯電話向けフィルターはMy SoftBankから設定できる
※6 MobileMeスタート以前のユーザーはMac.comドメインも使用可能
※7 ファミリーパックのサブアカウントは5GBとなる。メール以外にも使える追加容量の購入も可能

 それぞれの利点と欠点をまとめるとこんな感じ。

Gmail
利点
・強力なフィルター
・フィルターを駆使して複数の転送先を使い分けられる(他はだいたい1つのアドレスにしか転送できない)
・エイリアス機能(hogehoge+funyafunya@gmail.comのように”+”と適当な文字列を付けたアドレスでもhogehoge@gmail.comに届く)が便利
・Webからアクセスしても絵文字を自動変換して読めるようにしてくれる

欠点
・Exchange経由での受信やプッシュが遅かったり安定しない時がある
・HotmailやYahoo! Mailと比べて容量が少ない(とはいえ普通に使うなら十分だが)

Hotmail
利点
・Gmailに比べてExchange経由での受信やプッシュが速い
・実質無制限のメールボックス容量
・大容量の添付ファイルも相手への負担を心配せずに送れる

欠点
・Gmailに比べて貧弱なフィルター(Hotmailではルールと呼ばれる)

Yahoo! Mail
利点
・無制限のメールボックス容量

欠点
・Gmailに比べて貧弱なフィルター
・日本語メールに対して誤動作の多いスパムフィルター
・プッシュが妙に遅れることがある
・IMAPはPC/Mac非対応

SoftBank(i.softbank.jp)
利点
・iPhoneを買えばとりあえずもらえる
・ケータイメールのドメインとして扱われているため、受信拒否に引っかかりにくい
・絵文字などへの対応がSoftBankによって保証されている
・メール受信時にアラートを表示してくれる

欠点
・アラートは出るもののプッシュではない
・転送ができない
・メールボックス容量と送信可能サイズが小さい
・フィルターはない

SoftBank(MMS)
利点
・iPhoneを買えばとりあえずもらえる
・他のケータイと同じドメインなので受信拒否などはまず出ない
・会話の流れがわかりやすい専用アプリでやりとりする
・完全なアラート付きプッシュ型メール
・絵文字対応

欠点
・送信できる文字数が少ない
・転送が出来ない
・フィルターはいわゆる受信拒否など迷惑メール関連だけ
・PCなどから参照できない

MobileMe
利点
・Apple純正の安心感
・容量はそこそこ大きい

欠点
・年9800円と、サービスの割に高い

 MobileMeも60日トライアルは一応あるし、他も無料なのでとりあえず試してみるのが手っ取り早いが、フィルターが強力なGmailがいちばん便利だろう。自分のアドレスに来るメールはすべてGmailに集約し、件名や差出人、大事なキーワードを含むメールならMMSやi.softbank.jpへ転送したりする。Hotmailも、もう少しフィルターが柔軟ならこういう使い方にお勧めなのだが、現状では添付ファイルの大きさぐらいしかメリットがない。
 Yahoo! Mailは、iPhoneリリース直後は数少ないプッシュ対応メールだったが、今となってはそれほどありがたみはない。スパムフィルターがしょっちゅう誤動作するので、頻繁にWebからのチェックが必要なのも難点だ。

 i.softbank.jpとMMSは、容量などの面から言ってもメールを溜めておくのではなく見たら捨てるような使い方が向いていると思う。i.softbank.jpの方はIMAPでPC/Macからもアクセスできるため、必要そうなメールはGmailなどに移しておく(IMAP同士だとサーバからサーバへのドラッグ&ドロップが可能)と安心できるだろう。
 MobileMeはメールだけ見ると大したメリットは感じられないが、ブックマーク同期、オンラインストレージiDisk、MobileMeギャラリー、どこでもMy Macなど母艦とひっくるめた使い方では便利。できればAppleの策略に乗って(!)MacとiPhoneで使うのがベスト。逆にWindowsユーザーにはあまりお勧めしない。

Posted via email from 物欲スクラップブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =