Moba Photo Life!!

Apple’s Latest Creation = “iPad”

 ついに発表になったAppleの新型デバイス“iPad”(リンク先は米Apple)。
 ポイントをまとめると

・9.7インチマルチタッチIPS液晶(LEDバックライト)、0.5インチ(約1.3cm)、1.5ポンド(約680g)、16/32/64GBフラッシュ搭載
・Apple A4 1GHzプロセッサ、802.11n(3Gモデルも)、Bluetooth、加速度センサー、スピーカー、10時間のバッテリー持続時間
・iPhoneアプリを1x、2xサイズで実行可能(ということは960×640以上の液晶?)
・大画面を生かしてUIをよりMacに近づけたSafariカレンダー、メール、iTunesストアなど
・iBooksアプリを搭載し、電子書籍のストアが追加
・Pages、KeynoteなどのiWorkアプリがiPad向けに登場
・アメリカで先行販売、“International Deal”は6~7月を予定。つまり第4世代iPhoneが出た場合、日本での発売時期が重なるかも
・キーボード接続可能なDockなどのアクセサリも
・価格はWiFiのみのモデルが499/599/699ドル、3G回線付きが629/729/829ドル

といったところ。

 個人的にはものすごく欲しい。とは言えぼくは一般的にAppleファン(信者)に分類される人間だと思うので(林檎マークが付いていると正常な判断力を失う)、一般にお勧めできるデバイスかというとまだよく分からない。

 ただ、発表前はKindleなどの電子ブックリーダーと比較されていたが、ターゲットがちょっとズレているように感じられる。本を読み、ゲームで遊び、ブラウザやメールを扱い、ちょっとした書類作成もしてみたりと用途は幅広い。

 twitterでどなたかがつぶやいていた「パーソナルコンピュータの再定義」というのが一番当てはまりそうだと感じた。

 Flashがやっぱり非対応らしいこと、iPhone OSのアップデートが発表されなかったことなど残念な点はいくつかあるが、すぐに買えるモノがないのが一番残念かもしれない。とにかく触って使ってみないことには結論の出ないモノであるのは間違いないからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + eleven =