Moba Photo Life!!

Ferrari Oneを3週間ほど使ってみて。

 この記事で予約宣言したAcerのFerrari Oneは、無事に発売日に手元に届き、それから約3週間あれこれ使ってみた。

良かったと思うこと
・ほどほどサイズの筐体と液晶(と価格)、This is FERRARIなデザイン
 11.6型で1366×768の液晶は個人的にはちょうどいい。もうちょっと軽いと嬉しいが、バッテリー駆動時間が短くなるのも困るのでまあこんなものだろうか。

 真っ赤な天板に跳ね馬のレリーフ(ステッカーなどではなくちゃんとエンブレムになっている)を初めとして、フェラーリグッズとしては十分おもしろいデザインをしていると思う。今までのフェラーリPCに比べると格段に安いのもいい。本当は速度もフェラーリ並みであって欲しかったが、そうすると価格もファミリーカーからフェラーリにグレードアップしてしまうので無理だろう。ちなみに、バッテリーが互換であるらしいことなどから、AS1810Tの筐体をベースに作られたものだと思われる。

・スコアはさほどでもないが、意外ときびきび動作
 エクスペリエンスインデックスのスコアは上から3.6/5.1/3.3/4.8/5.5で、一番低いのが「Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス」となっている。Windows 7では最大値が7.9になったので、正直「そこそこ」よりもちょっと低めなスペックに見えるのだが、体感でそこまで遅いとは感じない。さすがにHP 2140よりもスコアは良いだけあって(SSDに換装しているディスクのスコアは除く)、Firefoxなどの動作はきびきびしている。

 現行より1世代前のMac mini (メモリ4GB、HDD500GBに換装済み)のスコアが上から5.4/5.5/5.2/5.4/5.8であり、モバイル用とはいえAMD 780Gの系列なのでもう少しグラフィック関係のスコアは良いかと思っていた。が、まあ実動作で不便を感じないので良しとしよう。

FerrariOne Windows Experience Index

・増設を考えなくても良さそうなスペック
 AcerはAspire Oneなどでも保証シールを破る覚悟がなければメモリー増設などはできないが、Ferrari Oneは最初から限界の4GBまでメモリを積み、ネットブック+αな使い方には十分と思われる320GBのHDDを搭載しているため、その辺を考える必要がなさそうだ。

改善して欲しいこと
・けっこう熱いしファンの音も気になる
 排熱口もそこはかとなく車っぽいデザインなのはいいけれど、排気まで車っぽいというかかなり熱い。底面もずっと使っていると底面はそれなりに熱を持つ(HP 2133とか、かつての愛機PowerBook G4に比べればマシだが)。もしかしてスペックを上げると排熱がシャレにならないから抑え気味なのだろうか?

・リカバリディスクが付いてこない
 リカバリディスク作成用ソフトだけは付属しているので、自前でメディアとドライブを用意してリカバリディスクを作らなければならない。サポートに頼めば販売してくれるのかもしれないが、Webに今のところ情報はない。
 これは即刻改善して欲しい。NetWalkerの記事でも似たようなことを書いたが、このマシンの性格上「フェラーリは好きだけどPCは詳しくない」という人が買う可能性もあるわけで、何かあった時にどうしようもなくなるケースが十分ありうる。それでなくても、プレスされたディスクと自前で焼いたCD/DVD-Rでは信頼性が段違いだ。もう2~3千円高くてもリカバリディスク付きにして欲しい。

・バッテリーが普通に買えない
 現状でバッテリーを手に入れるにはサポートに連絡して売ってもらうしかないようだ。自宅で使うのであれば互換性があるらしいAS1810T用のでも(色が合わなくても)いいかと思っていたが、日本未発売のためそれさえも手に入らない。純正オプションとしてバッテリーをちゃんと取り扱って欲しい。

・タッチパッドのシールがなかなか剥がせない!
 マルチタッチ対応パッドなので(とはいえWindowsタッチは関係なくSynapticsのドライバを使っているだけのようだが)、2本指での操作などが書かれたシールがパッド表面に貼られている。ところが、これがあまりキレイに貼られていない上になかなか剥がせない。無理に剥がそうとしてパッドに傷をつけるのもイヤだし、今のところそのまま使用しているのだが、おかげでパッドが微妙に使いづらい。
 しかも、パームレスト部に貼られた他のロゴシール(AMDやWindowsなど)も微妙に傾いていたりして、デザインにこだわったマシンとしては詰めが甘いと思う。

・電源コードが太くて硬い
 ACアダプタはさほど大きくないのだが、コードが3穴タイプな上に太くて扱いづらい。ワールドワイドなメーカーだから仕方ないのかもしれないが、せめてもう少し柔らかい素材のケーブルにして欲しいところだ。ちなみに、同じことはHP 2140にも言える。

 並べてみると良かった点より不満な点の方が数が多いが、全体としては間違いなく気に入っている。ただ、Celeron SU2300 + GS45 ExpressのAcer 1410TやASUS UL20Aが5万円台で買えるわけで、プラス2万円の価値はフェラーリファン(あるいはこの手のガジェット好き)でなければ説得力がないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =