Moba Photo Life!!

ちなみに鳴海遼子さんはレッツラー(古い?)です。

 仲間由紀恵が主演で鳴り物入りという感じだった割に、どうにも低空飛行のニオイが漂う(数字を確かめたわけではないが)ドラマ「アンタッチャブル」。劇中で仲間由紀恵扮する主役の鳴海遼子は原稿を書くのにレッツノート(12インチぐらいだがワイドではなさそうなので、Wシリーズのように見える)を使っている。

 というのはまあ置いておいて、来週が最終回らしいのでその前に犯人当ての予想をしておこうという趣旨。外れたら笑っていただきたいところ。また、ドラマを観ていない場合は何のことやら? だと思うので軽くスルーしていただければ。第8話まで観ていない人もスルーした方がいいかもしれない。

 さて、犯人、つまり「名なしの権兵衛」は誰か。
 公式サイトの犯人当てクイズでの選択肢は以下の12通り。

(1)遠山史朗(要潤)アンタッチャブル編集長
(2)鷹藤俊一(佐藤智仁)カメラマン
(3)巻瀬美鈴(芦名星)編集部員
(4)中原誠(田中要次)編集部員
(5)城之内仁(酒井敏也)編集部員
(6)鳴海洸至(小澤征悦)遼子の兄・公安刑事
(7)永倉栄一(寺島進)永倉ホールディングス社長
(8)鳴海遼子(仲間由紀恵)編集部員
(9)「名なしの権兵衛」は複数いる
(10)西尾里香(浦野一美)編集部員
(11)片山 保(辻谷嘉真)洸至の部下・公安刑事
(12)樫村秀昭(田中哲司)アンタッチャブル前編集長

 最も可能性が高いと思うのは(9)の複数犯説。
 根拠は、一人でやるのはちょっと無理があるのではないかということ。15年前に鳴海家と梨野家を爆破し、毎回意味深なファックスを送り付けながら時には直接手を下した(第2話の作家たちや遠山史朗の父、一条姉妹、氷川、樫村編集長など)と考えるのは難しいと思う。
 他にも、
 
・立てこもり犯を射殺した可能性が高いのは片山
・樫村が殺される前に会ったのは編集部の誰かだと思われる(態度から推測)
・一条姉妹が毒殺された時に遠山は意味深なセリフを吐き、鷹藤は二人が苦しみ出す前に遼子を止めたように見えた
・すべての事件に必ず登場するのは遼子の兄、洸至

などと考えると犯人(少なくとも下手人)は複数ではないだろうか。

 ちなみに、推理の根拠としては反則なので含めなかったが、テレビ的に考えると鷹藤、城之内、中原の3人は犯人から外れるのではないか。彼らは役者としてではなく、劇中の役としてCMをやっているからだ。
 ただ、2時間サスペンス大好き人間の視点で考えると、遠山、鷹藤、洸至、巻瀬の4人は怪しい。
 特に巻瀬美鈴は話の組み立て的にも、妹を殺された被害者ということで何となく捜査線から外れやすいし、遠山父をコントロールできる立場だったはずだし、編集長と親しく会話してもおかしくないし、遠山史朗を脅迫できるポジションにいるし、何より「名なしの権兵衛」は何となく男性のイメージがあるので、視聴者を裏切るという意味でそういう展開も有りか。

 ただ、これだと推理じゃないので、公式サイトのクイズでは(9)を選んで応募してみた。。

 もうひとつちなみに、もし犯人が1人なら可能性がいちばん高いのは洸至だと思うのだが、警察官かつ主人公のいちばん身近な人間で捜査に協力してた人が犯人、というのは正直反則技というかそのネタはアンフェアでやっちゃってるでしょう、と言うことであまり採りたくない説だ。同様に遼子が犯人というのも、意外性よりグダグダ感が先に立ちそうなので止めて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − nine =