Moba Photo Life!!

新iPod nanoで安上がりに車載動画してみた。

(※動画の公開設定が間違っていたのを修正しました。コメントでご指摘いただいたやまもとさん、ありがとうございます)

 9月10日のAppleスペシャルイベントで発表になったビデオカメラ付きiPod nano。Engadgetのイベント中継ページにかじりつきながら、終了直後にオンラインのApple Storeに駆け込んで最速で2台購入した。
 そんなわけで手元にはグリーンとレッド、2台の新型nanoがあるわけだが、ビデオカメラというのは意外に撮りたい被写体を探すのが難しい。そこで、かねてから興味のあった車載動画を新型nanoで試してみることにした。コンセプトはnanoのカメラ性能に合わせて「手軽かつ気軽に」。

 まず問題になるのは、カメラの固定方法だ。iPodには三脚穴がないので、車載動画でよく使われるクランプポッドなどの固定具はほぼ無理。そもそもお手軽にいきたいのであまり大仰な装備もしたくない。
 そこで30秒ほど考えた末に出てきたのが、「輪ゴムでバックミラーに固定する」という方法。

P9250824
↑こんな感じ

 材料は輪ゴム2本。あと新品のnanoを保護する意味でサンワサプライのWeb限定商品であるクリアケース(サンワダイレクトで630円)のみ。
 悪路を走る予定はなかったので、短めの輪ゴムでしっかり固定しておけば走行中にズレたりすることはないと踏んだわけだが、実際そこに関しては問題なかった。
 むしろ問題だったのは、きっちり水平がとれているかよく分からないこと(バックミラーの背面は平坦ではない)と、カメラをスタートするためにnanoに触るとズレてしまうだろうこと。前者は目測おおよその水平で妥協することにし、後者はあらかじめカメラをスタートした状態でnanoを固定し、余計な部分はあとで編集してしまえば済むと結論した。

 そんなわけで恐る恐るnanoをセッティングして、千葉県の手賀沼沿いを走った時の動画がこれだ。

 生成される動画ファイルはH.264/AAC、640*360/30fpsのMPEG4、ビットレートおよそ2.5Mbps前後といったところ。ちなみに編集の時はとりあえずiPhotoに取り込んでおくと、iMovie起動時にiPhotoライブラリ内のビデオファイルをすべてピックアップしてくれる。編集作業も、iMac Late 2006(C2D 2.16GHz / RAM 3GB)で特にもたつくこともなく普通にできた。

 動画自体のできはともかく、iPod nanoのビデオカメラは意外とまともな写りだと感じた。今回は使っていないが各種のフィルター機能もなかなかおもしろいエフェクトが揃っているし、縦位置横位置逆さま、どの向きにnanoを持っても撮影が可能なのも面白い。縦位置の動画というのはなかなかお目に掛かれないし。
 難点はiPodであるため、帰宅してPCに繋がないかぎりは撮った動画を外に展開できないことか。それ以外は、カメラがついていて困るようなこと(サイズアップや重量アップ)も特にないし、ちょっと遊ぶのにはもってこいだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 2 =