Moba Photo Life!!

そろそろPS3、買おうと思います(PS2互換が載らない理由もちょっと考えてみた)。

薄型・軽量の新型PS3、全世界同時に発売――日本では9月3日発売

 

というわけで薄く軽く安くなったPS3。
現世代ゲーム機の中では最も高いポテンシャルを秘めているとされながら、前世代のPS2のような圧倒的勝利どころか逆風吹きまくりだったわけだが、この一手から巻き返しを図れるのだろうか。

 

ネットを見ていると「サイズも価格も小さくなった! 買う!」という人と、「PS2互換性がない! 絶望した!」という人に分かれているようだ。
個人的にはやりたいゲームがPS3版であること、PS2は現役稼働するものが3台あること、Blu-rayプレイヤーとしての役割にも期待していることなどからあまりPS2互換性は必要ないのだが、互換性を嘆く人はネットを見る限り意外といるようだ。

 

SCEがPS2互換を載せないのは技術的、コスト的問題なのか。それとも戦略なのか。どっちもありそうな気はする。
あちこちで読んだ情報や憶測をまとめると、

(1)PS2発売時は開発ライブラリの整備が遅れたため、直接ハードを叩く開発が一般的だった。そのためエミュレーションによる互換が取りにくい。

(2)その中で互換性を取るためには初期型PS3のようにEmotion EngineとGraphic Synthesizerのチップを載せるしかなく、削減できないコストとして残ってしまう。

(3)PS2はチップの縮小も進み、低価格でも利益を出せる状態にあり、途上国ではむしろこれからPS2が売れるので作り続けるつもりでいる。PS3に入れ込むより単独で売った方がマシ。

(4)PS2ゲームよりも、PS3でしかできないPS3ゲームを売りたい。ハードを売るだけならPS2で十分かもしれないが、PS3ゲームが売れなければ結局はPS3のエコシステムが崩壊する。

 

おおよそこのような理由が推測されている(4番目はこんなニュアンスのことをSCEヨーロッパあたりの人が言っていたらしい)。
どれも「さもありなん」という感じで、きっといろんな理由があっての互換なし、なんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =