Moba Photo Life!!

ポストtwinkle? 位置情報付きミニブログ”brightkite”を試してみた。

 iPhoneでtwitterを使うメリットのひとつが、位置情報を投稿できることだ。たとえばtwinkleなら、位置情報から近くの人(範囲は指定できる)のつぶやきを拾うことができたりする。
 brightkiteは、このtwinkleに近いシステムを持ったモバイルソーシャルネットワークサービスだ。iPhone用アプリがリリースされたので試してみた。ちなみに現在はβ版なのか招待制のようだが、iPhoneアプリからinvitation申請をするとあまり待たされることなくアカウントを取得することができる。

 brightkiteの主な機能は
・twitterライクな投稿機能
・現在位置の情報を投稿する機能
・FireEagleとの位置情報連携
・位置情報の近いユーザーの投稿を見られる
・訪れた場所の履歴を残す
・写真を投稿する
といったところ。また、brightkiteへの投稿は(写真も含めて)twitterに同時投稿できる。
 ポイントは、位置情報を公開する相手を選べることだ。プライベートモードに設定すれば正確な位置はフレンド登録をした相手しか見られないし、フレンドでない相手にどの程度の情報を公開するかも設定できる。最初に少々細かい設定を済ませてしまえば、あとは気楽に情報を更新できる。

 個人的に重宝するのは、訪れた場所の履歴を残す機能だ。iPhoneアプリから“Check in”あるいは“Pick a place”を行うと、自分のbrightkite上のWebページにその場所がリストアップされる。場所をクリックすると地図が表示され、同じ場所での過去の投稿などを見ることができる……らしい。「らしい」なのは行動範囲に他のbrightkiteユーザーがいないためなのだが、ともかく自分の行動を振り返るのにちょうどいい機能だと思う。

 使いこなせればイイ感じだろうなあ、とは思うのだが、いかんせんアプリ/サービスともに日本語化が済んでいない(日本語入力と表示は可能なので使うには困らない)こと、ユーザーがまだまだ少ないことが問題だ。何せぼくの地元に1人(しかも最近投稿がない)、ときどきtwitterでnobiこと林信行さんが使っておられるのを見かけるぐらいしかない。実際どの程度普及しているものなのかイマイチよくわからないが、どなたか使っておられる方がいらっしゃったら、ぜひメッセージをいただければと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =