Moba Photo Life!!

iPhoneのカメラで遊ぶアプリ—(5)カラーもOKになった”HiCon”

 以前、iPhoneのカメラで遊ぶアプリ―(2)良い雰囲気を醸し出すフィルター”HiCon””GritPix””GothPix”で紹介したHiConがバージョン2.0になったため、さっそく試してみた。


 以前は起動するといきなり撮影画面に飛んでいたが、このバージョンはまずエフェクトの掛かり具合(Intensityというスライダー)、カラーのオンオフ、そして画像をアルバムからも取得できるようになっている。
 それぞれどの程度の違いが出るのか、あらかじめ撮っておいた画像1枚をさまざまに処理してみた。被写体はいつもどおりの芸のないXbox360コントローラだ。


デフォルトアプリの「カメラ」で撮影した元画像


モノクロ、Intensity最大


モノクロ、Intensityデフォルト(中間)


モノクロ、Intensity最小


カラー、Intensity最大


カラー、Intensityデフォルト(中間)


カラー、Intensity最小

 少し細かい調整が出来るようになって、作れる画像の幅が広がったのは素直に楽しい。起動時にワンクッション入ることになって撮影のスピードが多少落ちてしまったが、アルバムの画像を加工できるようになったことでカバーしている。
 ひとつ気になるのは、撮影後やアルバムからの画像選択後、加工処理中に画面が真っ暗(最上部のバーのみ表示)になるため、一瞬アプリが落ちたのではないかとドキドキすることだ。しばらく待っていれば加工後の画像が表示されるのだが、かなり心臓に悪い。この点はぜひ改善して欲しい。

 結論としては、写真を撮るのが好きなら115円で下手なゲームより楽しめるのでお勧めだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 10 =