Moba Photo Life!!

遅ればせながらVMWare Fusionを2.0にアップデート。

 仮想化ソフトのVMWareが、いつの間にか2.0を正式リリースしていたのでアップデートしてみた。
 ぱっと見、仮想マシンのライブラリ画面や、各仮想マシンの設定画面などのデザインがかなり変わり、仮想マシンウィンドウの下部に表示されるデバイスのアイコン(HDDやUSBなど)もデザインが大きく変わった。全体的に、Mac OSの雰囲気に合わせようとしている印象だ。
 少しいじってみただけであまりはっきりとは言えないが、エクスプローラなどの反応が以前より良くなったように感じられる。ちなみに使用環境はiMac(Late 2006)で、Core2Duo 2.16GHz、メモリ3GB(うち1GBを割り当て)という環境で、外付けのディスプレイにフルスクリーンでWindowsXP SP3を表示し、iTunes、Firefox、MacJournal、Mail、iCalなどを同時起動している。

 メーカーの紹介ページはこちら
 act2の紹介ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =