Moba Photo Life!!

複数のサービスに写真を投稿できるiPhone用アプリを比較

 iPhone用アプリは今や3000を軽く越えていて、選択肢が多いのはいいことだけどとても探しにくい。また、2.1で安定性が高まりバックアップ速度が上がったとはいえ、アプリの数が少ない方が何かと安心なのも事実。
 というわけで、「複数のサービスに写真を投稿できる」「対応しているサービスが日本でもそれなりに知名度がある」という観点からいくつかピックアップしてみた。ちなみに2008/09/20現在、無料のアプリのみを紹介している。

・ブログエディタ系
 CellSpin
 CellSpinというサービスに登録して使うブログエディタ。サポートしているサービスはここに一覧がある。アプリ自体があまり使いやすいとは言えないので、Bloggerを使うのなら次に紹介するLifeCastがお勧め。

 LifeCast
 tumblrとBloggerへの投稿機能を持っている。ただ、必ずそれらの機能を使わなければならないというわけではなく、単にiPhone上で完結する写真付き日記として使うこともできる。位置情報もいっしょに投稿できたりするが、投稿にかかる時間が少し長いのが難点。

・写真投稿系
 PixUp
 flickr、Picasa、Facebookに位置情報付きで投稿できる。投稿先を画面下のアイコンから選べたりするなど操作性は悪くないが、投稿時にアプリが落ちてしまうなど、ぼくの環境では安定性がイマイチだった。

 ShoZu
 ShoZuというサービスに登録して使うアプリ。もともとNokia携帯用アプリなどがある中で、iPhone版としてリリースされたような感じ。日本ではなじみのないサービスも含めて非常に多くサポートしており、flickr、twitpic、Picasa、Facebook、Photobucketなどの写真サービスから、Vox、TypePad、Blogger、Windows Live Spacesなどのブログサービス、あるいはtwitterまでをひとつのアプリで管理できる。リリース当初は日本語タイトルを写真に付けると文字化けしたりしていたが、最近のアップデートでそれも解消された。たくさんのサービスを使っている人にはイチオシ。

 Pixelpipe
 CellSpinやShoZuと同様、Pixelpipeというサービスに登録して使う。対応サービスはそれら2つよりも多い(なじみのない名前ばかりだが……)。また、利用しているサービスがなくてもFTPに送ったりメールとして指定したアドレスに送ることもできる。
 最大の特徴はアプリ上でアップロードの操作を1回するだけで、登録しておいたサービスすべてに一気に写真が投稿されることだ。CellSpinやShoZuは、一度に投稿できるのは基本的に1つのサービスに限られる。が、Pixelpipeはアクティブになっているサービスすべてに一度に写真を送ることができる。これは状況によっては便利だと思う。
 大きな難点が二つ。一つはカメラで撮った写真のみがアップロード対象になること。画面キャプチャや、Safariで保存した画像などはリストアップされない。もう一つは、日本語のタイトルやキャプションを付けると、思いっきり文字化けすること。これが解消されれば、ShoZuと同じかそれ以上にお勧めなのだけど。

・twitter系
 gyazickr
 twitterに投稿するためのシンプルなアプリ。発言を見る機能はいっさい備えておらず、投稿後にSafariかTwitterFonを開くことで連携する(設定を変えれば投稿だけで済ませることもできる)。シンプルな操作で使いやすい。
 画像を投稿する際、バックエンドとしてflickr、tumblr、gyazickr(作者のflickr)を選べるようになっており、テキストはtumblrにもいっしょに投稿されるため、twitterとtumblrのクロスポストのような感じで使えるので、お勧め。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − seven =