Moba Photo Life!!

SanDisk EXTREME IIIの威力を知る。


F4.4 1/90秒 ISO64(エツミ LEDマクロリングライト併用)

少し前にK10Dで使おうと思ってSanDisk EXTREME III SDHC 8GB(以下EX3)を買った。のはいいが、容量いっぱい使い切ったことがない(心配性なのですぐにPCに転送してしまう)のと、K10Dではそれまで使っていた東芝のClass 6 SDHC 4GBと有意な差を感じていなかった。
このままでは宝の持ち腐れだよなーと思っていたが、GX200と組み合わせれば活躍してくれそうだと感じた。

GX200はRAWでも連写ができるのがGX100に比較した利点の一つなのだが、試しに内蔵メモリや安物のSDカード(上で書いた東芝のものとは違うが、それでもいちおうClass6)で連写してみたところ、撮影後の待ち時間がEX3とハッキリ違う。正直、EX3でないとRAW撮影自体使う気がしないレベルだと思う。1枚1枚をじっくり撮るならこれでもいいのかもしれないが、素早く撮りたい用途には全く向かない。

ならRAWなんて気張らないでJPEG使おうかとも思ったが、JPEGよりも躊躇無く手を加えられるRAW撮影は「失敗した!」という写真を現像処理やレタッチで救える可能性が高い。写真のスキルとコンピュータのスキルを天秤に掛けるとコンピュータ側に大きく傾くデジタルヲタクとしては、やっぱりRAWでしょう、と。

2GBのSDカードなら1000円以下で買える今、たかだか4倍の容量で1万円前後のEX3は確かに高い買い物だったけれど、これだけ差が出るのなら買う価値はあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =