Moba Photo Life!!

これはわりとヒキが強いかも。

製品情報 / GX200 | Ricoh Japan

GR Digitalの外観はかなり好きだったしコンセプトにもかなり惹かれるモノがあったんだけど、コンパクトデジカメで単焦点というのはどうしても使いこなせる自信がないッス。単焦点なら一眼レフでいいじゃん! と。

で、安くなってるGX100を買おうかな、どうしようかなーと思っていたところ、GR Digital2が出てしばらく経ったし、そろそろGX100もモデルチェンジか? と様子見していたら、ビンゴ!

惹かれるポイントは

  1. 24mmからのズーム
  2. 1:1アスペクト比でのRAW撮影
  3. 電子水準器
  4. ブラックボディの主張の少ないデザイン
  5. マクロ性能

の5つ。ここに防塵防滴でも加わればカンペキなんですが望みすぎですな。

ぼくがコンパクトデジカメを選ぶ時はあまり画質は重視しない。画質なら一眼レフを選べばいいと思っているので、手持ちの一眼レフでは実現不可能な(あるいは難しい)機能を重視することにしている。Coolpix S10のスイバル+手ブレ補正10倍ズーム、IXY Digital 910ISの顔認識+28mm広角、Cyber-shot T2のタッチパネル+大容量内蔵メモリ+スマイルシャッター、など。

そこそこコンパクトなボディ(たぶんホールドにはちょうどよいサイズ)に上の5つの個人的ポイントを備えたGX200。かなり惹かれるモノがある。液晶ビューファインダーとセットで8万円台というのはちょっとお高いけど、がんばってみるかな……

(追記)
もうひとつ大きなポイントがありました。ペンタ部のロゴが今まで”Caplio”だったのが”RICOH”になってる! これは大きいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =